仙峰

コロナ感染が発生以降、延期されていた第19回「玄穹社書展」が令和4年11月に京都みやこめっせにある美術工芸ギャラリーで開催されました。同書展に漢字作品1点と、かな作品2点を出展しました。

注)作者名は雅号です。玄穹社書展は、寺本 蒼玄(てらもと そうげん)先生が主宰される書展です。

壺中天

(こてゅうのてん)

漢字作品

コメント

大意:別世界、仙界。または、酒を飲んで世を忘れる楽しみ。

「春の日や 
暮れても見ゆる 東山」

小林 一茶の春の句

かな作品1

コメント

はるのひや → ハる能日や
くれてもみゆる → 久れても見遊る
ひがしやま → ひ可し山

「雪とけて 
村一ぱいの 子どもかな」

小林 一茶の春の句

かな作品2

コメント

ゆきとけて → ゆ支とけて
むらいつぱいの → 無らいつは意能
こどもかな → ことも可奈